月別アーカイブ 3月 2019

著者:nakano

『最速の資料作成術』
3月20日発売です!

「A4一枚」 に資料をまとめること は、単なる制約ではなく、資料作成に慣れていない人でも適切に情報を整理してまとめるのに役立ちます。
本書は、NTTグループや日本IBMといった大企業で、適切な資料とプレゼン で複雑なステークホルダーによる合意形成を行ってきた経験をもつ著者が、 どこでも通用する資料を短時間で作成する技術を公開、あわせて「面白い データ」を盛り込むための情報収集の仕方や調査法までを解説します。

 

著者略歴

稲葉崇志(いなば・たかし)
組織人事コンサルタント、株式会社メイクセンス代表取締役。
NTTドコモや日本IBMなどでモバイル通信技術を利用した情報システムの提案や導入に携わる。NTTデータ経営研究所では民間企業に対する情報戦略や組織戦略領域のコンサルティング、中央省庁や地方公共団体、業界団体からの委託による調査研究案件を数多くリードする。その後、人事系シンクタンクの研究員としての勤務を経て、組織人事コンサルタントとして独立。
現在は人材教育や制度改革のコンサルティングなど、組織人事領域から企業の支援に取り組んでいる。

Amazonで購入する

発行:CCCメデイアハウス/ 企画協力:ネクストサービス 松尾明仁 / プロデュース:中野健彦 / 編集協力:大屋紳二
著者:nakano

『数字で読みとく会社の未来』3月15日発売!

「有価証券報告書」は株式投資・就活に役だつ無料の教科書。「儲ける人」だけが知っている“強い会社”を見抜くポイントを徹底解説!

  • ゴーン氏は日産を伸ばしたor食い物にした?
  • スマホとジャンボジェット、稼げるのはどっち?
  • 土地資産1位は住友不動産、では2位は?
  • 有利子負債17兆円のソフトバンクはなぜ潰れない?
  • 実は海外で6割以上稼ぐ意外な会社はどこ?

などなど、有価証券報告書を読みとくノウハウ満載の1冊。

著者略歴

池田陽介(いけだ・ようすけ)

税理士。1962 年埼玉県生まれ。1988 年税理士登録。税理士法人 池田総合会計事務所代表社員。相続税や法人税の申告業務を中心に、病院・医療の開業・経営支援なども実施。経営コンサルティング会社であるフォローアップ株式会社の代表取締役を務めるほか、弁護士、弁理士、司法書士、不動産鑑定士、一級建築士、社会保険労務士などと士業ネットワークを結び、多方面での活動を展開。
主な著書に『図解 決算書、ここだけ見ればいい』(三笠書房)、『身近な人が亡くなったときの手続きと届出ぜんぶ』(KADOKAWA)、『知識ゼロからの相続の手続き』(幻冬舎)などがある。

Amazonで購入する

発行:ビジネス社/ 企画協力:中野健彦(ブックリンケージ) / 編集協力:鎌田正文
著者:nakano

『親が認知症になる前に読む本』3月13日発売!

あなたの親や家族が築き上げてきた財産が狙われている!
意外なことに金融機関や身近にいる知人・親族 による悪質行為が平然と行われている。「成年後見制度」「遺言書」「家族信託」など親の財産を守るためのノウハウ満載の1冊。「高齢者に忍びよる負の事件簿」も掲載、ワルイ奴らから大切な人を守るための対策方法を収録。

第1章 司法書士は見た! 高齢者に忍び寄る負の事件簿
第2章 これで万全! 悪徳商法から身を守る方法
第3章 成年後見制度で親の財産を守る
第4章 任意後見人制度と遺言書で親と家族を守る
第5章 家族信託で親と家族を守る

著者略歴

速水陶冶(はやみず・とうや)

司法書士・行政書士はやみず総合事務所代表。1979 年、東京都板橋区生まれ。幼少期に父親が事業に失敗し、父親が作った借金のために貧しい少年時代を過ごす。高校を中退した後、様々な職を転々とするも一念発起して法律家の道へ。学歴不問で受験できる国家資格・司法書士を目指し勉強を開始する。
アルバイトで学費を稼ぎながらチャレンジすること7 度目にして2009 年に司法書士試験に合格。現在は、司法書士として成年後見や民事信託などの分野で高齢者の財産管理に携わっている。

Amazonで購入する

発行:三栄書房 / 企画協力:松尾昭仁(ネクスサービス) / プロデュース:中野健彦(ブックリンケージ) / 校正:新井弘子 / DTP:プリ・テック
著者:nakano

『稼げる! 新農業ビジネスの始め方』重版決定!

「農業ビジネス」 は儲かるチャンスに満ちている !
衰退産業としてイメージされることが多い農業ですが、実は近年、新たな成長産業となる可能性を秘めた分野として、大いに注目されています。従来の高齢者が行う家庭型のビジネスから脱皮し、企業経営のノウハウを取り入れることで成長しているのです。
農業をビジネスとして捉える人たちが登場し、年間1億円売り上げる新農業人が続々と誕生しています、農業はビジネスチャンスに満ちた産業なのです!
本書はこうした新しい農業ビジネスの変化の波を分かりやすく解説し、新規参入者への具体的なノウハウ・アドバイスを指南する一冊です。

第1章 農業で成功するためのキーワードは〝ビジネスセンス〟
第2章 我は農業界のジョン万次郎なり
第3章 農業会社に勤めてガッチリ起業準備をする
第4章 農業起業してガッチリ個人事業者になる
第5章 めざせ! 農業コンサルタント

著者略歴

山下 弘幸(やました・ひろゆき)
株式会社農テラス代表取締役。農業参入コンサルタント、
野菜農家の3代目として熊本益城生まれる。2007年農業ベンチャー企業に入社、09年同農業生産法人(現農地所有適格法人)の代表取締役に就任。2012年全国初となる農業参入専門のコンサルタント会社「株式会社農テラス」設立し、100社以上の農業事業支援(自治体農業支援含む)を行う。2017年には農業生産工程の国際基準であるグローバルGAP コンサルタント補を取得し、オランダエージェントGreenbridge International 社と連携するなど日本農業のグローバル化に向けた準備を進めている。
現在は新規農業者を対象にした農業未来会議を主催。くまもと農業アカデミー講師、くまもと農業経営塾講師、熊本県立農業大学校「アグリビジネス講座」「農業政策論」講師を務めるなど若手農業者・新規農業者の人材育成に力を入れている。2019年4月 農業ビジネススクール開校予定。

Amazonで購入する

発行:すばる舎 / 企画協力:ネクストサービス 松尾明仁 / プロデュース:中野健彦 / 編集協力:河野浩一 / ブックデザイン:澤村桃華 / 校正:川平いつ子 / DTP:新井田良基(プリ・テック