出版につながるSNSまとめ

著者:nakano

出版につながるSNSまとめ

出版社が著者の発信力やテーマのニーズを見極めるのには、企画書だけでは足りません。ネット記事やSNSを重視する傾向はどんどん強くなっています。

Twitterなら、半年で5,000人増などがフォロワー数の目安になります。もちろん1つのテーマごとに1アカウントです。ブログなら1日のUU(ユニークユーザー)が1万などです。その他30代なら「アメブロ」、ビジネス向なら「はてな」、名言は「Twitter」などテーマや世代にあった発信方法を選択することも大切です。

Facebookの友達数も多いに越したことはないですが、5,000人上限ということもあり、出版に直結するメディアとは言えません。

著者について

nakano administrator

1件のコメント

採用される企画書の条件 – ブックリンケージ投稿日:3:18 pm - 4月 24, 2019

[…] >出版のための情報発信まとめ […]

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。