年別アーカイブ 2019

著者:admin

『キャラ絵で学ぶ!仏教図鑑』

お釈迦さまが人間の悩みや苦しみを解き明かし、苦悩から解放されて幸せに生きるにはどうすればよいか、その実践法を説いたのが仏教です。
本書は、その仏教のエッセンスを、小学生にもわかるようにユーモアあふれるイラストと言葉で解説する超入門です。
「お釈迦さまは実在の人だった(釈迦物語)」「仏さまにもゴレンジャーがいる(仲間同士の仏さま)」「あなたを守ってくれる仏さまの合言葉をおぼえよう(守り本尊)」「今も毎日使っている仏教語(仏教語、ことわざ)」「お寺の謎(お寺めぐり)」「お盆とお彼岸は何のためにあるの(年中行事・仏事)」など、小学生にとって「不思議な世界」である仏教に、楽しく興味をもてるようになる1冊。

第1章 お釈迦さまはどんな人?
第2章 仏教は幸せに生きるための教え
第3章 仏さまはスーパーヒーロー
第4章 インド・中国・日本のお坊さん列伝
第5章 お寺に行ってみよう
第6章 なんと、これも仏教語
* 友だちに教えたくなる仏教豆知識

監修:山折哲雄(やまおり・てつお)

宗教学者、評論家。1931(昭和6)年、サンフランシスコ生まれ。1954年、東北大学インド哲学科卒業。国際日本文化研究センター名誉教授(元所長)、国立歴史民俗博物館名誉教授、総合研究大学院名誉教授。『世界宗教
大事典』(平凡社)、『仏教とは何か』(中公新書)、『「ひとり」の哲学』(新潮選書)、『私が死について語るなら』『ひとりの覚悟』(以
上、ポプラ新書)など著書多数。

イラスト:いとうみつる

広告デザイナーを経てイラストレーターに転身。ほのぼのとした雰囲気のなか、“ゆるくコミカル”な感覚のキャラクターが人気。
おもな著書は、『栄養素キャラクター図鑑』をはじめとするキャラクター図鑑シリーズ(日本図書センター)、『ベニクラゲは不老不死』(時事通信社)、『こどもおしごとキャラクター図鑑』(宝島社)ほか多数。

Amazonで購入する

発行:すばる舎 / 執筆・編集協力:小松卓郎・小松幸枝 /出版プロデュース:中野健彦  / アートディレクション:澤村桃華 /デザイン・DTP:秋山京子
著者:admin

『数字で読みとく会社の未来』3月15日発売

「有価証券報告書」は株式投資・就活に役だつ無料の教科書。「儲ける人」だけが知っている“強い会社”を見抜くポイントを徹底解説!

  • ゴーン氏は日産を伸ばしたor食い物にした?
  • スマホとジャンボジェット、稼げるのはどっち?
  • 土地資産1位は住友不動産、では2位は?
  • 有利子負債17兆円のソフトバンクはなぜ潰れない?
  • 実は海外で6割以上稼ぐ意外な会社はどこ?

などなど、有価証券報告書を読みとくノウハウ満載の1冊。

著者略歴

池田陽介(いけだ・ようすけ)

税理士。1962 年埼玉県生まれ。1988 年税理士登録。税理士法人 池田総合会計事務所代表社員。相続税や法人税の申告業務を中心に、病院・医療の開業・経営支援なども実施。経営コンサルティング会社であるフォローアップ株式会社の代表取締役を務めるほか、弁護士、弁理士、司法書士、不動産鑑定士、一級建築士、社会保険労務士などと士業ネットワークを結び、多方面での活動を展開。
主な著書に『図解 決算書、ここだけ見ればいい』(三笠書房)、『身近な人が亡くなったときの手続きと届出ぜんぶ』(KADOKAWA)、『知識ゼロからの相続の手続き』(幻冬舎)などがある。

Amazonで購入する

発行:ビジネス社/ 企画協力:中野健彦(ブックリンケージ) / 編集協力:鎌田正文
著者:admin

『もう一度解いてみる入試数学』2月14日発売

「数学を楽しむ」 「数学となかよくなる」がコンセプトの数学本が2月14日すばる舎さんから発売になりました。
難関大学合格のための数学指導 を専門とするハイレベル数学講師が、近年の大学入試の中から、エレガントにして知的好奇心を掻き立ててくれる珠玉の良問34問を選び、その解法や背景について基本的な部分から分りやすくに解説するお薦めの1冊。

第1章 数式問題
第2章 整数問題
第3章 図形問題
第4章 確率問題

Twitterページはこちらから
アカウントID は、@mouichidosugaku

 

 

 

 

著者略歴

鈴木伸介(すずき・しんすけ)
1979 年奈良県生まれ。早稲田大学理工学部卒業。医学部受験専門数学マンツーマン指導Focus 代表講師。
受験生本人が気づかない思考の「くせ」に着目した独自の学習メソッドにより、多数の医学部合格者を輩出している。また大学受験生だけに留まらず、社会人を対象とした数学コミュニティ「おとなのENJOY !数学クラブ」と「ママのための算数・数学サロン」を運営、ともに主宰を務める。
敬遠されがちな数学を「楽しむ」活動の普及に尽力している。

 

Amazonで購入する

発行:すばる舎 / 企画協力:ネクストサービス 松尾明仁 / プロデュース:中野健彦 / 編集協力:竹石健 / ブックデザイン:石川直美 / 校正:塩田敦士
著者:admin

『親が認知症になる前に読む本』3月13日発売

あなたの親や家族が築き上げてきた財産が狙われている!
意外なことに金融機関や身近にいる知人・親族 による悪質行為が平然と行われている。「成年後見制度」「遺言書」「家族信託」など親の財産を守るためのノウハウ満載の1冊。「高齢者に忍びよる負の事件簿」も掲載、ワルイ奴らから大切な人を守るための対策方法を収録。

第1章 司法書士は見た! 高齢者に忍び寄る負の事件簿
第2章 これで万全! 悪徳商法から身を守る方法
第3章 成年後見制度で親の財産を守る
第4章 任意後見人制度と遺言書で親と家族を守る
第5章 家族信託で親と家族を守る

著者略歴

速水陶冶(はやみず・とうや)

司法書士・行政書士はやみず総合事務所代表。1979 年、東京都板橋区生まれ。幼少期に父親が事業に失敗し、父親が作った借金のために貧しい少年時代を過ごす。高校を中退した後、様々な職を転々とするも一念発起して法律家の道へ。学歴不問で受験できる国家資格・司法書士を目指し勉強を開始する。
アルバイトで学費を稼ぎながらチャレンジすること7 度目にして2009 年に司法書士試験に合格。現在は、司法書士として成年後見や民事信託などの分野で高齢者の財産管理に携わっている。

Amazonで購入する

発行:三栄書房 / 企画協力:松尾昭仁(ネクスサービス) / プロデュース:中野健彦(ブックリンケージ) / 校正:新井弘子 / DTP:プリ・テック
著者:admin

KIMONO PROJECT
新作発表パーティー

2020年東京オリンピック。この日本が世界から注目されるに一大イベントに日本人としてできる最高の「おもてなし」はなにか? そんな大きな視点から発足したのが「IMAGINE ONE WORLD KIMONO PROJECT」です。

KIMONO PROJECTは、世界196カ国をテーマにした「着物」と「帯」を日本を代表する着物作家達が制作し、「世界はきっとひとつになれる」というメッセージを世界に発信します。

2014年、福岡県久留米市にある創業77年の呉服屋「蝶屋」3代目店主の高倉慶応氏が中心となり、業種を超えた有志によってスタートしたこのプロジェクトは、高倉氏のSNSからクチコミによって瞬く間に広まり、外務省、経済産業省、各国大使館に加え、多くの個人や企業の協力を得て急スピードで進んでいます。

関連記事

PD:安部毅一
著者:kishikawa

クリティカルな思考法

クリティカルとは、 批判的とか論理的といった意味。 私たちはクリティカルな思考法を身に付けておかないと実体経済で大きな損をする。

たとえば、こんなこと売り口上に接したことはないだろうか。
「芸能人の○○さんも使っています」(ハロー効果:ある際立った特徴にひきづられ、他の特徴の評価がゆがめられること)、「試食、食べ放題!」(反報性:恩を受けた人には報いようという気持ちが働くこと)といった具合に、心理学で立証された手法を使って、日々、営業活動が行われているのが、現在の資本主義社会である。

詐欺の手法、マインドコントロールなどを研究する社会心理学の西田公昭教授は、
「詐欺師が使っているテクニックは、私たちが普段目にする合法的な売り手の広告の打ちかたとか、有能なセールスマンの口上と同じもの。ただ、違うのは、程度と倫理観」という。

詐欺とまではいわないものの、私たちも知らず知らずのうちに詐欺的な手法を用いて、営業活動をしているのだ。これに対して、論理的、批判的に思考したうえで、冷静に決断しようとするのが、クリティカルシンキングというもの。クリティカルシンキングの方法を、実際の購買場面で解説し、どうしたらよい決定ができるのか?その理論思考のベースになる本を目指す1冊。

◆本コラムへのお問い合わせはこちらから