出版企画書の作り方

企画書は、その企画を検討してもらう出版社の編集担当者に向けて書きます。企画書を構成する要素は次の10項目ですが、特に重要なのは「タイトル」「著者プロフィール」「構成案」の3つ。この3項目を1枚の企画書にしっかりまとめて、まず検討してもらうというのも一つの方法です。

1.タイトル

「誰のために書かれた何の本か」分かることが重要です。あまり具体的になりすぎて長くなってしまう場合にはサブタイトルに分割します。

2.サブタイトル

タイトルで表現しきれない要素をサブタイトルで補います。タイトルとサブタイトルを読めば「その本のゴールが何なのか」がわかるように作ります。

3.キャッチコピー

目を引くこと、インパクト重視です。50%の共感、50%の非常識で編集者をアッと言わせるように考えます。

4.著者プロフィール

肩書き、経歴、現在の活動が最低限必要です。その他SNSのフォロワー数や本業での数字(売上・作品数・治療患者数など)に際立ったものがあれば記載します。
著者プロフィールはその本を書くに相応しい人物と思わせることが重要です。逆に「なぜこの人がこのテーマ?」と疑問を感じるようでは企画自体見直すか、相応しい経歴を作るところから始めます。

5.対象読者

どんな人に向けた本なのかを明確にします。読者を明らかにすることで、本の構成もおのずと決まります。読者対象は広いに越したことはありませんが、類書に埋もれることやそもそも有名著者の領域なので、ニッチな市場を狙うのも一つの選択です。

6.内容

タイトル・サブタイトルがなぜ言い切れるのか? なぜ売れるのか? などその企画を出版するメリットを説明します。「その本を読んだ人のどんな役に立つのか?」というのが基本的な考え方です。

7.類書

最近売れた類書を箇条書きして、この本も売れると組み立てます。書名・著者名・出版社名・発行年のほか、刷数や部数などを記載します。

8.類書との差別化

類書にない切り口、考え方、方法論などその企画の特徴、ユニークな点を記載します。「類書は○○ですが、本書は○○です」などとします。

9.構成案

発信したいことを箇条書きにして内容ごとに4~8章程度に分類します。言いたいことよりも読者が知りたいこと、読者目線で仕上げます。

10.備考

出版に有利な条件などを記載します。例えば以下などです。

  • ○人集客の講演会が年○回あり、そこで販売します。
  • SNSでフォロワーが○○人います。そこで宣伝するので○○冊程度の販売が見込めます。
  • ○月に関連イベントがあり、本書テーマへの関心が高まります。
    など

>>その他補足項目