推薦者のことば

キューリング恵美子さん

Personal Assistant International & Munich 代表
「ドイツ人はなぜ『自己肯定感』が高いのか」 2021年/小学館

初めから終わりまで伴走して、海外からの出版を実現してくれた出版コーディネイター

「海外にいても出版できる」そんな驚く言葉で目覚めた私でしたが、それは実現しました。
2021年11月に小学館から新書というカタチで出版することができて、1か月後には重版にもなったのです。その後も、ウェブメディアにインタヴューが掲載されたり、新聞広告や大手書店での展開など想像をはるかに上回る高評価を得ることが出来ました。

東洋経済オンライン プレジデントオンライン 現代ビジネス Newsポストセブン 

この出版を機に、これまでのバレエ留学のコーディネートと並行して、新たにカウンセラーや講師などへと活動の場を広げる計画をしています。日本の皆さんからも、オンラインで仕事を引き受けられるような仕組みも構築する予定です。
私にはドイツでの20年以上の生活と、バレエ留学コーディネーター、ライフアドザイザーとしての活動がありました。そこで学んだドイツ人がもつ高い自己肯定感。中野さんは、それが多くの日本人が感じている「生きづらさ」を解決するメソッドであることを見出して、小学館新書という初著書では難しい出版へと導いてくださいました。

私は、中野さんの「辛抱強い営業アプローチ」とその「超良心的で綿密なサポート」のおかげで、人生で一番幸せな経験をすることが出来ました。中野さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
そんな中野さんを自信をもって皆さんに推薦したいと思います。

「出版で人生を変えたい人、夢をかなえたいあなたへ」中野さんを信頼することで、夢が現実化し新しい道へ進むことが可能になるのです。


高林孝光さん

アスリートゴリラ鍼灸接骨院 院長

『ひざのお皿エクササイズ』2021年/CCCメディアハウス

出版社と著者を短期間で結び付けるプロ中のプロがブックリンケージの中野さん

私の院のホームページのアドレスはhttp://www.hiza2.comで「ひざ痛の患者さんで院がどっと混むように」という願いが込められています。
いつか、ひざ痛で困った人のために「ひざ痛の健康本」が出版したいと言う夢があったのです。
医師とは違った角度からひざ痛を治せる方法を発見したことから、過去に2冊本を出したことのある出版社に提案。企画会議にかけてもらいました。その出版社での1冊は3刷までしてるのですが、もう1冊が増刷してないという理由で出版できませんでした。
でも、その出版社さんで企画会議にかけてくれたということで、他の出版社なら出版できるいい企画だと根拠のない自信になりました。
でも、どこに持って行けばいいのかとFacebookを覗いて、たまたま見かけたのが「ブックリンケージの中野さんのおかげで出版ができた」という感謝の文面でした。
「迷ったら行動する」が信条なので早速、中野さんにメールを送りビデオ会議で企画を見てもらったら直ぐに笑顔で「出版させましょう!」と言ってくれました。そしてその2ヶ月後には出版が決まっていました。それもTSUTAYAグループのCCCメディアハウスからです。

出版後は、ニューズウィークそして週刊女性Yahoo!ニュースと多くのWebメディアで紹介され、その他のメディアからの取材は今も続いています。
中野さんは、出版というミッションを短期間でこなすだけでなく、その後のメディア展開などのアドバイスもしてくれるプロ中のプロです。出版コンサルの方ってお金だけ取って後は面倒みないとか、そもそも出版さえ出来ない実力のない人が多いのですが、私は本物と出会えてラッキーでした。その証拠に私はすでに次の出版も決まっています。

この出版は、中野さんと出会って話していたら、中野さんに「高林さんは本当はこういう本を出版したいんじゃない」と言われたのがきっかけでした。実は当院にはオリンピック選手なども来院していて、子どもたちに役立つ本もいつか出したいという夢がありました。そんな口にしてない企画も中野さんに出会うと最短で本というカタチにしてくれます。本当は内緒にしたいのですが、中野さんに会えば「なるほど」って分かると思います。

いつか皆さんの思いが出版と言うカタチになる事を応援しています。