出版につながるSNSまとめ

著者:nakano

出版につながるSNSまとめ

出版社が著者の発信力やテーマのニーズを見極めるの際、企画書以外にブログやSNSを重視する傾向が強まっています。

Twitterで3万フォロワー、ブログなら100万PV/月などが出版の目安といわれています。これから始める人は、Twitterの場合、最初の半年で5,000フォロワーを目標にするといいと思います。ブログの場合、1日のUU(ユニークユーザー数)の1万というのも著者の発信力を証明するという意味で大事です。

次に、発信するメディアですが、30代なら「アメブロ」、ビジネス向なら「はてな」、Twitterとの連携なら「note」などがいわゆるテーマや世代にマッチした選択肢といえます。そのほか、名言は「Twitter」、ビジュアル中心なら「Instagram」などが発信内容にマッチした選択をすることも重要です。
Facebookも友達数が多いに越したことはないですが、出版との親和性は低いSNSです。

著者について

nakano administrator

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。