カテゴリーアーカイブ column

著者:nakano

出版につながるSNSまとめ

出版社が著者の発信力やテーマのニーズを見極めるの際、企画書以外にブログやSNSを重視する傾向が強まっています。

Twitterで3万フォロワー、ブログなら100万PV/月などが出版の目安といわれています。これから始める人は、Twitterの場合、最初の半年で5,000フォロワーを目標にするといいと思います。ブログの場合、1日のUU(ユニークユーザー数)の1万というのも著者の発信力を証明するという意味で大事です。

次に、発信するメディアですが、30代なら「アメブロ」、ビジネス向なら「はてな」、Twitterとの連携なら「note」などがいわゆるテーマや世代にマッチした選択肢といえます。そのほか、名言は「Twitter」、ビジュアル中心なら「Instagram」などが発信内容にマッチした選択をすることも重要です。
Facebookも友達数が多いに越したことはないですが、出版との親和性は低いSNSです。

著者:nakano

採用される企画書の条件まとめ

採用される企画書の条件をまとめました。全部が必要ということではありませんが、8は必須です。

  1. テーマにニーズあること、時流にのっていること
  2. 実体験から導き出された知恵やノウハウであること
  3. 成功体験の場合、そのアプローチに再現性があること
  4. 困っている人を助ける、勇気づけるなどの内容であること
  5. その本を読むことで著しく効率が上がるなど時短につながること
  6. 類書にない独特の切り口であること
  7. 驚きや発見があること
  8. そのテーマを語るのに相応しい肩書き・経歴があること
著者:nakano

お預り出来ない企画

以下の内容の企画はお預り出来ません。

  1. 他人を誹謗中傷する内容
  2. 政治・宗教的な意図を感じる内容
  3. 考えられない健康企画
  4. アダルト
著者:administrator

出版企画書に補足したいこと

出版企画書の基本10項目のほか、以下などを必要に応じて加えます。

仕様

本の仕上がりイメージが既にある場合に補足します。例えば以下のような内容です。本文色数などはその必要性がある場合のみ2色や4色(カラー)を指定します。

  • 四六判、224ページ、並製、本文1色、口絵4色(8ページ)
  • A5判、208ページ、並製、本文2色
  • B5判、96ページ、並製、本文4色

推薦文

推薦文はオビに記載するキャッチコピーです。そのジャンルで誰もが知る著名人からの推薦文がもらえる場合に記載します。

原稿の状態

既に原稿がある場合やブログなどで公開済みである時に記載します。早期に出版が可能であることがわかり、有利な条件となります。

見本原稿

「まえがき」や原稿の一部を見本として企画書に添えます。