著者アーカイブ nakano

著者:nakano

商業出版への超ショートカット!SNS活用術

出版することは出版社にとって著者への投資──という話は先の記事に書きました。では、どうすれば手っ取り早く「投資される人」になれるのでしょうか?

自分の数字をつくる

結論から言えば「自分を大きくみせる数字」を作ることです。例えば株に投資するにも、その会社の規模や直近5年の売上の推移、従業員数、業界の成長率など数字を元に検討しますよね。
出版も同じで、著者力はあるのか?テーマにニーズがあるのか?などをまず数字で判断するわけです。例えば整体師をしていれば、1万人を治療して半年先まで予約がいっぱいとか、この1年でテレビに5回出演している、などがあればかなりの著者力です。

以下は2019年に出版いただいた『腰痛の9割は水で治る(かんき出版)』ですが、サブタイトルに使うことで説得力が増しているのが分かると思います。因みに本書は現在4刷です。

こうした数字を持つ人はひと握りかも知れません。さらにそれを作るのに何年かかるのか?という話です。でもこうした実績に「比肩する数字」は自分で作ることができるのです。

Twitterでは3万フォロワーで出版は見えてくる

例えば「SNSのフォロワー数」です。この話をすると「フォロワーは買える」とか「相互フォローを繰り返せば」などという人もいますが、作られたアカウントは、投稿内容やFF率、リツイート数などで簡単に見破られるので意味がありません。

では、どれくらいのフォロワー数が必要かという話ですが、Twitterなら3万フォロワー、ブログで月間100万PVなどが目安です。
企画採用にSNSのフォロワー数を重視する版元にK社やW社やT社がありますが、実際にこうした基準から著者を探して「結果」を出しています。この数字はその1社の編集長から直接聞いているので、他社も概ねこんな感じなんだと思います。

短期間にたくさんのフォロワーを集めているアカウントは、この数字に満たない場合も編集者が伴走してアドバイスをするなど出版に向けた活動が始まるケースまであります。

ちなみにTwitterでは最初の半年で5,000フォロワーが目安と言われています。著者に勧める立場上、私もやってみましたが半年で3,000フォロワーが精一杯でした。難易度の高さを実感すると共にTwitterと出版の親和性を体感する機会にもなりました。

SNSでの発信内容が本の原稿になる

SNSでの発信を強化するメリットに、その内容がそのまま「本の元原稿として使える」ということがあります。
ブログ、YouTube、Instagram、Twitter、noteなどが代表的なSNSですが、個人的には原稿を推敲できるnoteと拡散力のあるTwitterの組み合わせが最強と考えています。

こうしたアプローチは版元編集者にとっても著者の考え方やメソッドの独自性、文章力などを知ることができるなど、多くの利点があります。
発売後にはSNSを通じて出版の告知や販促にも使えます。さらには「文章力も身につく」ので、出版を目指す人は、やらない理由がないとさえ思っています。

フォロワーが2万人を超えたら出版関係者をフォローする

SNSではフォローされること以外に、フォローするメリットも少なくありません。同じテーマで発信している人をフォローすることで、そのジャンルの動向やトレンド、関係者しか知り得ない情報などに直接触れることで、さまざま向上できます。

ある程度フォロワー数が増えたら、出版関係者をフォローします。フォローバックしてもらえなくても、リプライなどでプロフィールを見てもらえるように働きかけます。
編集者であれば、常に売れる著者候補やトレンドを追いかけているので、一定の水準を超えていれば必ず関心をもって過去ツイートやリンク先の活動内容に目を通してもらえるはずです。

この記事のまとめ

SNSは出版を目指す人にとって「メリットしか」ありません。ですから出版希望者には必ず勧めるのですが、ときどき「発信することがない」と言われて心配になってしまうことがあります。
本には書くことがあるのだろうか?と考えてしまうからです。

出版につながるSNS活用法のポイント

・SNS発信でテーマのニーズをつかむ
・SNS投稿で原稿の元をつくる
・フォロワー数で著者力とニーズを証明する
・SNSで著者を探す編集者の目に留まる
・出版したらSNSで販促する

 

本記事はnoteと一部重複しています。

著者:nakano

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

昨年は新型コロナウィルスが猛威を振るうなか、 多くの書店が休業や閉店に追い込まれるなど業界的に大変な一年でしたが、ブックリンケージとしては『キャラ絵で学ぶ!シリーズ(すばる舎)』が累計10万部を記録するなど明るいニュースもありました。

2021年はブックリンケージも節目の5年目を迎えます。出版エージェントとして、出版したい人、企画を求める出版社、それをカタチにする編集者、その3者をつなぐ活動を軸に、積極的に出版案件をとりまとめ、出版する側と制作する側相互を連携する役割も果たしたいと考えています。

本年もご指導の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和3年元旦
ブックリンケージ代表 中野健彦

関連記事

2021-86-86 出版企画のご提案
2020-06-26 MANEGEMENT

著者:nakano

みのもまりかさんに似顔絵描いてもらいました

みのもまりかさん作

みのもまりかさんに似顔絵を描いてもらいました。ありがとうございます!

みのもまりかさんHP
みのもまりかさん通販ページ

著者:nakano

出版が決まらない企画の特徴

出版が決まらない企画の特徴は次の4つの「ない」に集約されます。原稿では「読者のために書かれていない」つまり、著者が「自分のために書いている」というのもありますね。

  1. テーマにニーズがない
  2. 類書があってその差別化がない
  3. それを語る著者プロフィールがない
  4. 驚きや発見がない
著者:nakano

『異文化理解の全テクニック』出版記念パーティーに参加しました

齋藤隆次さんの出版記念パーティーが12月13日に神保町の「ブックハウスカフェ」で開催されました。

11月30日にKADOKAWAさんから発売された齋藤隆次さんの初著書『ビジネスエリートが実践している異文化理解の全テクニック』は、語学よりも大切な主要国別100のコミュニケーション術を実体験を元に教える役立ち本です。

「Good job !」 は「まだクビにはしないよ」という上から目線のNGワード、ほめるときは「Excellent!」。でも「給料上げるよ」って受け取られることも──。 国内外で長年外国人と働いてきたキャリアを持つ齋藤隆次さんが、その豊富な実体験をもとに、日本と接点が多い主要国におけるビジネス・生活習慣やマナーの特性をわかりやすく解説しています。

当日は、ブックハウスカフェ社長の今本義子さん、担当編集の田所陽一さんの挨拶に続いて齋藤隆次さんも参加した「ビジネス著者養成講座」を主催する松尾昭仁さの乾杯の発声で始まりました。わたしも本書をプロデュースしたご縁で挨拶をさせていただきました。

書籍内容に因んだ「異文化理解クイズ」などなど趣向を凝らした内容で本当に楽しいパーティーでした。会は著者先輩にあたる小西昭生さんの中締め、パーティー主催の大杉潤さんの挨拶で閉会しました。掲載写真は大杉さんからのものです。大杉さんありがとうございました。齋藤さんご出版おめでとうございます!

Amazonから購入

ビジネスエリートが実践している 異文化理解の全テクニック 単行本 – 2019/11/30

著者:nakano

出版企画の考え方

出版できる企画の特徴を箇条書きにまとめました。どれも当たり前のことですが、ビジネス書では、読んで得があること。そして本のゴールとそのために何をすればいいかが明快でことが求められます。

  1. テーマにニーズあること、時流にのっていること
  2. 実体験から導き出された知恵やノウハウであること
  3. 成功体験の場合、そのアプローチに再現性があること
  4. 困っている人を助ける、勇気づけるなどの内容であること
  5. その本を読むことで著しく効率が上がるなど時短につながること
  6. 類書にない独特の切り口があること
  7. 驚きや発見があること
  8. 強いキーワードが含まれていること
  9. 著者の強みを表現できていること
  10. そのテーマを語るのに相応しい肩書き・経歴があること
著者:nakano

「売れる営業」のマインドセット5月1日発売!

「営業職ほどすばらしい仕事はない」
全世界の生保営業職トップ 6%で構成されるMDRTメンバーに17度選出された世界トップセールスレディが教える「売れる営業」のマインドセット。営業は企業の存亡にかかわる最重要な部門であり、工夫と努力がそのまま成果として反映される、やりがいのある職種。営業で成功するために必要な心構えを1から教える営業職必読の一冊。

第1章 「売れる営業」に絶対に必要なもの
第2章 「売れる営業」のコツを知る
第3章 「売れる営業」の成功習慣
第4章  理想の営業スタイルを求めて
第5章  営業ほど楽しい仕事はない

著者略歴

玉城美紀子(たまき・みきこ)
第一生命 安里営業オフィス・シニアエキスパートデザイナー。
世界の生命保険営業職トップ6%のメンバーで構成されるMDRT(Million Dollar Round Table)終身会員、CFP ファイナンシャルプランナー。
沖縄県那覇市出身。幼少期に父を亡くし、小さな雑貨店を営む母親に女手ひとつで育てられる。中学生で母の元を離れ、牛乳屋を営む叔父の家で毎朝牛乳配達をし、従妹たちの子守をする生活に。高校卒業後、地元の銀行に就職(事務職)するが、結婚・出産を機に退職。
再就職活動中の26歳のとき、第一生命のセミナーに参加。創業者・矢野恒太の志に共感して、コミュニケーション下手のため避けていた「営業職」として入社することを決意。営業経験なし、ゼロからのスタートで、入社直後はまったく結果が出なかったものの、独自のマインドと方法を確立しながら3年後には頭角を現し、5年目にはトップセールスに。以来、営業一筋38年。2001年にMDRTに初選出(沖縄では初)されて以来、これまでに通算17回選出されている(10回以上の選出で終身会員)。
「営業とは一生懸命、人の話を聞くこと」が信条。

 

Amazonで購入する

発行:CCCメデイアハウス/ 企画協力:ネクストサービス 松尾昭仁 / プロデュース:中野健彦 / 編集協力:佐野之彦
著者:nakano

ごあいさつ

ブックリンケージのウェブサイトにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

リンケージは「連係」や「つながり」を意味する言葉で、2つの集団の一方を起点に活動して、もう片方に反作用を生じさせる行動をさします。ブックリンケージは、出版したい人と企画を求める出版社、それをカタチにする編集者の間をつなぐ存在です。いくつもの道路が交わる交差点のように積極的に出版案件をとりまとめ、出版する側と制作する側相互を連携する役割も果たしたいと考えています。

ご意見などございましたら、お気軽にお問い合わせください。今後ともブックリンケージをよろしくお願い申し上げます。

 
2017年11月2日
ブックリンケージ代表 中野健彦