著者アーカイブ nakano

著者:nakano

出版につながるSNSまとめ

出版社が著者の発信力やテーマのニーズを見極めるの際、企画書以外にブログやSNSを重視する傾向が強まっています。

Twitterで3万フォロワー、ブログなら100万PV/月などが出版の目安といわれています。これから始める人は、Twitterの場合、最初の半年で5,000フォロワーを目標にするといいと思います。ブログの場合、1日のUU(ユニークユーザー数)の1万というのも著者の発信力を証明するという意味で大事です。

次に、発信するメディアですが、30代なら「アメブロ」、ビジネス向なら「はてな」、Twitterとの連携なら「note」などがいわゆるテーマや世代にマッチした選択肢といえます。そのほか、名言は「Twitter」、ビジュアル中心なら「Instagram」などが発信内容にマッチした選択をすることも重要です。
Facebookも友達数が多いに越したことはないですが、出版との親和性は低いSNSです。

著者:nakano

採用される企画書の条件まとめ

採用される企画書の条件をまとめました。全部が必要ということではありませんが、8は必須です。

  1. テーマにニーズあること、時流にのっていること
  2. 実体験から導き出された知恵やノウハウであること
  3. 成功体験の場合、そのアプローチに再現性があること
  4. 困っている人を助ける、勇気づけるなどの内容であること
  5. その本を読むことで著しく効率が上がるなど時短につながること
  6. 類書にない独特の切り口であること
  7. 驚きや発見があること
  8. そのテーマを語るのに相応しい肩書き・経歴があること
著者:nakano

お預り出来ない企画

以下の内容の企画はお預り出来ません。

  1. 他人を誹謗中傷する内容
  2. 政治・宗教的な意図を感じる内容
  3. 考えられない健康企画
  4. アダルト
著者:nakano

「売れる営業」のマインドセット5月1日発売!

「営業職ほどすばらしい仕事はない」
全世界の生保営業職トップ 6%で構成されるMDRTメンバーに17度選出された世界トップセールスレディが教える「売れる営業」のマインドセット。営業は企業の存亡にかかわる最重要な部門であり、工夫と努力がそのまま成果として反映される、やりがいのある職種。営業で成功するために必要な心構えを1から教える営業職必読の一冊。

第1章 「売れる営業」に絶対に必要なもの
第2章 「売れる営業」のコツを知る
第3章 「売れる営業」の成功習慣
第4章  理想の営業スタイルを求めて
第5章  営業ほど楽しい仕事はない

著者略歴

玉城美紀子(たまき・みきこ)
第一生命 安里営業オフィス・シニアエキスパートデザイナー。
世界の生命保険営業職トップ6%のメンバーで構成されるMDRT(Million Dollar Round Table)終身会員、CFP ファイナンシャルプランナー。
沖縄県那覇市出身。幼少期に父を亡くし、小さな雑貨店を営む母親に女手ひとつで育てられる。中学生で母の元を離れ、牛乳屋を営む叔父の家で毎朝牛乳配達をし、従妹たちの子守をする生活に。高校卒業後、地元の銀行に就職(事務職)するが、結婚・出産を機に退職。
再就職活動中の26歳のとき、第一生命のセミナーに参加。創業者・矢野恒太の志に共感して、コミュニケーション下手のため避けていた「営業職」として入社することを決意。営業経験なし、ゼロからのスタートで、入社直後はまったく結果が出なかったものの、独自のマインドと方法を確立しながら3年後には頭角を現し、5年目にはトップセールスに。以来、営業一筋38年。2001年にMDRTに初選出(沖縄では初)されて以来、これまでに通算17回選出されている(10回以上の選出で終身会員)。
「営業とは一生懸命、人の話を聞くこと」が信条。

 

Amazonで購入する

発行:CCCメデイアハウス/ 企画協力:ネクストサービス 松尾昭仁 / プロデュース:中野健彦 / 編集協力:佐野之彦
著者:nakano

ごあいさつ

ブックリンケージのウェブサイトにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

リンケージは「連係」や「つながり」を意味する言葉で、2つの集団の一方を起点に活動して、もう片方に反作用を生じさせる行動をさします。ブックリンケージは、出版したい人と企画を求める出版社、それをカタチにする編集者の間をつなぐ存在です。いくつもの道路が交わる交差点のように積極的に出版案件をとりまとめ、出版する側と制作する側相互を連携する役割も果たしたいと考えています。

ご意見などございましたら、お気軽にお問い合わせください。今後ともブックリンケージをよろしくお願い申し上げます。

2017年11月2日

ブックリンケージ代表 中野健彦