出版につながるSNSまとめ

著者:nakano

出版につながるSNSまとめ

出版社が著者の発信力やテーマのニーズを知るのに、著者のブログやSNSを重視する傾向が日に日に強まっています。

出版の目安はTwitterで3万フォロワー、ブログなら100万PV/月などと言われていますが簡単な数字ではありません。「フォロワーは買える」などという話も聞きますし、実際そうなのかもしれませんが「いいね」や「リツイート」「リプライ」数でそれとすぐにわかるので意味がありません。
出版を目的にこれからTwitterをはじめる人は、最初の半年で5,000フォロワーを目標にするといいと思います。発信内容が確かなら1万フォロワーでも版元編集者が「伴走」して、発信力を高める手助けをしてくれるという話もよく聞きます。ちなみにブログでは1日のUU(ユニークユーザー)数の目安は1万です。

発信するメディアは、30代なら「アメブロ」、ビジネス向なら「はてな」、Twitterとの連携なら「note」がおすすめです。そのほか、名言は「Twitter」、ビジュアル中心なら「Instagram」などが発信内容にマッチした選択します。
Facebookの友だち数をアピールする企画書もあるのですが、残念ながらほとんど意味がありません。

著者について

nakano administrator

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。