年別アーカイブ 2018

著者:nakano

ジャックと豆の木5号『映画 未来への原風景』

『ジャックと豆の木5号 映画 未来への原風景』 が5月上旬刊行予定です。
映画を劇場で観ることを前提に、観せる側、観る側、創る側、三者がクロスしながら誌面で交錯する、ライブ感溢れる<劇場+映画+観客>の本です。映画ファンと映画に関わるすべての人々のよりどころになることを願って発行されている独自のエンターテインメントなムック型の一冊。読み応え充分、愉しめるビジュアルと貴重な資料満載です。

◆主な特集内容
・映画 未来への原風景 オールタイムベストテンから何が見えるか?
・親子で映画を観たい! 子どもの映画環境を考える
・紙の映画 もうひとつの映画
・紙の映画研究会 ペーパームーン誕生!

◆対談・座談会・寄稿原稿
佐藤忠男、大林宣彦、大森一樹、村山匡一郎、武田梨奈、西岡徳馬、石飛徳樹、近衛はな、李鳳宇、安藤紘平・・・豪華登場!

 

●発行 エデュイットジャパンシネマ・ジャック&ベティ
〒231-0056 神奈川県横浜市中区若葉町3-51 Tel.045-241-5460  梶原俊幸
・予定価格 1,667 円+税
・仕様 A5 判ムック型 248 頁
・ISBN 978-4-909224-04-0

●企画編集 小笠原正勝 ●出版プロデュース 中野健彦(ブックリンケージ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆書店様へ
エデュイットジャパン(シネマ・ジャック&ベティ)の商品は、トランスビューの取扱で納品いたします。直接取引の条件は、トランスビューの商品としてすべて同じです(随時返品可)。取次ルートの場合は、買切・返品不可となります。

FAX.0120-999-660 一冊からお気軽にご注文ください!

※『映画 未来への原風景』注文書はこちらから。
※『ジャックと豆の木バックナンバー』注文書はこちらから。

著者:nakano

「困ったときに役立つ本」発売です

『みんなの詐欺対策マニュアル(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)』  が3月10日発売です。

「なぜ、人はカンタンにだまされてしまうのか?」
長年被害者の心理を研究してきた立正大学心理学部の西田公昭教授が、巧みな手口や甘い誘惑にだまされないためのマニュアルをマンガと図版でわかりやすく解説します。

発行:ディスカヴァー・トゥエンティーワン / 編集協力:ブックリンケージ 佐藤弘子岸川貴文・澤村正憲/まんが:山本あり /本文デザイン・イラスト:おおつかさやか/DTP:プリ・テック(澤村桃華)
著者:nakano

『面白くてよくわかる 決定版 イヌの気持ち』

『面白くてよくわかる 決定版 イヌの気持ち(日本文芸社)』 が2月15日発売されました。

ペットとして広く愛される愛犬は、今や家族ともいえる存在。『面白くてよくわかる 決定版 イヌの気持ち』は、日常の表情やしぐさ、行動のクセなどから知ることのできる「本当の犬の気持ち」をやさしく解説。イラスト入りで、情報も多く、とてもわかりやすい入門書です。

Amazonで購入する

発行:日本文芸社 / 本文デザイン:ブックリンケージ 岩尾 良 DTP:プリ・テック
著者:nakano

『マラソンランナーへの道』が発売されました

『マラソンランナーへの道(鍋倉賢治 著)』が大修館書店から2月28日発売されました。筑波大学鍋倉賢治教授が四半世紀にわたって続けてきたマラソンの指導や研究の成果を還元。マラソンの科学的基礎理論および最新の研究成果をふまえながら、練習やトレーニング法およびレース戦略をやさしく解説しています。

第1章 マラソンの基礎理論
第2章 自分の体の状態を知る指標
第3章 トレーニングの原理・原則とトレーニング法
第4章 目的に応じたトレーニングや練習
第5章 トレーニング計画と実践
第6章 レースに向けての準備
第7章 自己記録更新のためのレース展開
付録1  ゴールタイムから逆算したラップタイム表(5㎞)
付録2 5秒きざみのペースによるラップタイム表(5㎞)(①〜④)
付録3  トレーニング計画表
付録4  トレーニング日誌

 

著者略歴

鍋倉賢治(なべくらよしはる)
1963年、東京都中野区生まれ。1991年、筑波大学大学院博士課程体育科学研究科修了・教育学博士。現在、筑波大学体育系・教授 ランニング学会常務理事を務める。専門は健康体力学、マラソン学。26年間にわたり、つくばマラソンを走る授業を開講している。学生時代は怪我が多く早めに引退するものの、大学教員となってからマラソンに出合い、その魅力の虜に。以降、自らを対象として研究しながら走りタイムも向上、マラソンベスト記録は2時間29分09秒。

 

Amazonで購入する

発行:大修館書店 / 編集協力:ブックリンケージ 構成・文:岸川貴文 ブックデザイン:桜井雄一郎 本文イラスト:植本勇 校正:川平いつ子 DTP:新井田良基(プリ・テック
著者:nakano

出版企画書に補足したいこと

出版企画書の基本10項目のほか、出版実現に向けて有利になる場合に記載します。

仕様

本の仕上がりイメージが既にある場合に補足します。例えば以下のような内容です。本文色数などはその必要性がある場合のみ2色や4色(カラー)を指定します。

  • 四六判、224ページ、並製、本文1色、口絵4色(8ページ)
  • A5判、208ページ、並製、本文2色
  • B5判、96ページ、並製、本文4色

推薦文

推薦文はオビに記載するキャッチコピーです。そのジャンルで誰もが知る著名人からの推薦文がもらえる場合、誰からもらえるかを記載します。

原稿の状態

既に原稿が出来上がっている場合やブログなどで公開済みである時に記載します。早期に出版が可能であることがわかり、有利な条件となります。原稿の一部がサンプルとしてある場合は、原稿自体を企画書に添えます。