『数字で読みとく会社の未来』3月15日発売!

著者:nakano

『数字で読みとく会社の未来』3月15日発売!

「有価証券報告書」は株式投資・就活に役だつ無料の教科書。「儲ける人」だけが知っている“強い会社”を見抜くポイントを徹底解説!

  • ゴーン氏は日産を伸ばしたor食い物にした?
  • スマホとジャンボジェット、稼げるのはどっち?
  • 土地資産1位は住友不動産、では2位は?
  • 有利子負債17兆円のソフトバンクはなぜ潰れない?
  • 実は海外で6割以上稼ぐ意外な会社はどこ?

などなど、有価証券報告書を読みとくノウハウ満載の1冊。

著者略歴

池田陽介(いけだ・ようすけ)

税理士。1962 年埼玉県生まれ。1988 年税理士登録。税理士法人 池田総合会計事務所代表社員。相続税や法人税の申告業務を中心に、病院・医療の開業・経営支援なども実施。経営コンサルティング会社であるフォローアップ株式会社の代表取締役を務めるほか、弁護士、弁理士、司法書士、不動産鑑定士、一級建築士、社会保険労務士などと士業ネットワークを結び、多方面での活動を展開。
主な著書に『図解 決算書、ここだけ見ればいい』(三笠書房)、『身近な人が亡くなったときの手続きと届出ぜんぶ』(KADOKAWA)、『知識ゼロからの相続の手続き』(幻冬舎)などがある。

Amazonで購入する

発行:ビジネス社/ 企画協力:中野健彦(ブックリンケージ) / 編集協力:鎌田正文

著者について

nakano administrator

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。